その色素沈着は化粧水?もしくは皮膚科?

できたてホヤホヤのニキビを放置したり、お手入れを1つ間違ってしまうと、色素沈着をおこしてシミのようになってしまいます。
ニキビの場合、赤茶色のシミのようになります。俗にいうニキビ跡です。
一方、日焼け後のような紫外線を浴びた後にシミになる場合は、メラニンの残骸による色素沈着です。このような日焼け後の場合は、褐色のシミのようになります。

 

色素沈着という状態までの場合は自力ケア(化粧水などの見直し)での改善が可能です
デコボコの肌になってしまっている場合は、自力でケアして改善するのは難しいので、色素沈着だけで済んでいない場合は、皮膚科で処置してもらうのが適切だと思います。

 

当サイトでは、あくまでシミのようになってしまった色素沈着の改善についての情報を掲載しています。

色素沈着の改善に欠かせない成分

ここでは、自力ケアということで誰でも試せる化粧水にスポットを当てています

 

化粧水はスキンケアの中でも、ブースターを除き、誰でも一番最初につけるものです。補充できる潤いの源でもありますので、全てのスキンケアは見直せなくても、せめて化粧水だけは適切なものに切りかえておきたいところです。
ニキビ跡とメラニン残骸が色素沈着の元凶となっていることから言えることはただ1つ。肌のターンオーバーが正常におこなわれていないということです。
ニキビ跡もメラニン残骸も通常は、28日周期で新たな肌細胞に切替わります。

 

とりあえず今ある色素沈着によって残っているシミの改善方法も重要なことですが、
それと同じくらい新たなシミを作らないようにすることにも取り組んでいかないといけません。

 

そのためにターンオーバーの正常化は絶対に欠かせない要素です。
古い角質細胞がいつまでも角質層に残っているようでは正常にターンオーバーは行われません。

 

ストレスにも負けない肌作りが、今後は色素沈着予防として大事なケア内容になってきます。

 

 

 

色素沈着改善に配合されていてほしい成分

紫外線をブロックしてメラニンの生成を防ぐことは予防です。

 

今あるシミにはそれだけだと足りません。メラニンの残骸にアプローチして薄くする「ハイドロキノン」が配合されている必要があります。
ただし、通常のハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれており刺激も強いため絶対おすすめとは言えません。

 

肌のターンオーバーが乱れている時点で角質層が健康状態にない&刺激に弱くなっていることが想像できます。
こんな肌に何でもいいからハイドロキノンを使用してもリスクが撤廃できません。

 

ハイドロキノンを使用するためには慎重にいきたいところです。

 

新安定型ハイドロキノン、これは寝ている間に確実にメラニン残骸にアタックできる肌刺激を極限的に低下させた成分です。

 

これを配合している化粧水がアンプルール。世界で初めて新安定型ハイドロキノンを化粧品に配合しました。

 

一般的な美白成分に比べて10〜100倍の効果があるハイドロキノンを安全かつ安定的に効果が発揮できる新安定型として、自力でケアしていける化粧品に配合しているのが最大の特徴です。

 

 

» アンプルール|詳しくはこちら

色素沈着はニキビ跡やメラニンの残骸で起こります。ニキビ跡の場合は赤みがかかったくすんだ色に、メラニンによる場合は、褐色気味のくすんだシミになります。一般的に色素沈着は、細胞に色素が貯留して色調が変化することを指しており、日焼け後の皮膚がメラニンの増加によることが多いようです。
メラニンによる色素沈着の原因は、ニキビができた際の炎症や化膿で、有害な活性酸素が発生、この活性酸素からお肌を守るためにメラニンが過剰に作られます。ニキビができたことによって細胞が壊れてしまった肌はターンオーバーが正常に行われません。最終的に垢となって剥がれ落ちるはずのメラニンが残った結果、褐色の色素沈着になります。
ニキビの場合、適切なケアを行わない場合、炎症は毛穴周辺だけでなく、肌の奥深くの皮下組織にまで悪い影響を与えて、色素沈着というニキビ痕が残ってしまいます。軽度の場合は割と解消しやすいですが、デコボコのニキビ跡クレーター状になってしまうと、なかなか自力ケア改善するのは難しいといわれています。